Microsoft Office 2019は購入したいバージョンではありません

おそらく、Microsoft Officeと呼ばれるこの小さなソフトウェアプログラムについてご存知でしょう。マイクロソフトは、12億人以上が依然としてOfficeを定期的に使用していると推定しています。これは地球上の7人に1人です! Officeが非常に人気があると言うことは、Microsoftのビジネス戦略全体にとって重要な1つの重要なコンポーネントであるため、控えめに言っても過言ではありません。

ただし、同社の将来の計画の大部分は、自社製品とクラウドベースのサービスおよびサブスクリプションとのより緊密な統合です。実際、Microsoftは現在、約1億2000万人のOffice 365アクティブサブスクライバーを誇り、ビジネスオフィスユーザーの3分の2が2019年までにクラウドに依存すると予測しています。

しかし、Microsoftのクラウドベースのサービスへのプッシュは、オフラインのOfficeユーザーを意図的に不利な立場に置いているのでしょうか? Office 2019の最近のリリースでは、確かにそのように見えます。



読んで、Office 2019が入手したいバージョンではない理由を確認してください。

Office 2019は限られています

今週、Microsoft Office 2019の商用バージョンがWindowsとMac向けにリリースされましたが、クラウドベースの対応製品である「Office 365」のミラーバージョンになることを期待しているなら、がっかりします。




知らなかった場合、Office 2019はMicrosoftの生産性スイートの最新のオフライン「オンプレミス」バージョンであり、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Project、Visio、Access、Publisherなどの長年のお気に入りをまとめたものです。


お気に入りのアレクサスキル

楽しい事実: Microsoftの最初のOfficeアプリケーションは、1982年にリリースされたMicrosoft Multiplanと呼ばれるスプレッドシートアプリケーションでした。1985年にMacintosh用に発売されたとき、同社はソフトウェアの名前をExcelに変更しました。




Office 2019には、WordとOutlookの学習ツール、Powerpointの新しいモーフとズーム、「Microsoft Ink」の改善など、Office 365の機能の一部がありますが、Office 365の最高の機能のほとんどが欠けています。

たとえば、Office 2019にはMicrosoftの機械学習機能と新しい検索機能はありません。 Office 365のインテリジェントなセキュリティ機能もリアルタイムのドキュメントコラボレーションもありません。これらの機能はMicrosftのクラウドサーバーに依存しているため、これは理解できます。

また、MicrosoftはOffice 2019が1回限りの購入であり、機能の更新プログラムを受け取らないことも明らかにしました(ただし、品質とセキュリティの更新プログラムは時々提供されます)。これは、サブスクライバーが常に最新かつ最高の機能を取得するOffice 365とは異なり、Office 2019ユーザーは、所有しているアプリケーション機能セットにこだわることを意味します。

Office 2019を選ぶ理由

数年前にOffice 2016がリリースされたとき、その時点でのOffice 365と同じであり、ほぼすべての機能が同じでした。ただし、Office 2019には、Office 365サブスクリプションを介してのみ利用可能な機能のセットがすべて欠けています。




マイクロソフトがこの区別で送信しているメッセージは何ですか?最高のOfficeエクスペリエンスを利用したい場合は、Office 365に移行して購読する必要があります。

その場合、オフラインの「オンプレミス」バージョンのOfficeがまだ存在するのはなぜですか?なぜなら、マイクロソフトはクラウドベースのアプリケーションが その 将来、一部の組織や企業はまだその飛躍を遂げる準備ができていません。

「多くのお客様にとって、Office 365が最適です。 Microsoftは、Officeの最も安全でインテリジェントなコラボレーションバージョンです。 よくある質問

「しかし、クラウドへの移行は旅であり、お客様はその旅のさまざまな段階にいる可能性があります。これには、ハイブリッドおよびオンプレミスが含まれます。これらの顧客をサポートするために、Office 365の機能のサブセットを備えたOfficeの貴重な新しいリリースであるOffice 2019があります。」

この動きは、実際には、アプリケーションをクラウドベースのサブスクリプションサービスに移行した他のソフトウェア企業の傾向に追従しています。

たとえば、アドビは、人気のある製品(PhotoshopやPremiereなど)のスタンドアロンバージョンからサブスクリプションベースのCreative Cloudサービスにユーザーを移行しました。 Office 2019の販売方法については、MicrosoftがOffice 365でその成功を再現したいと考えていることは明らかです。

365に移行するのは安上がりですか?

Microsoftは7月、Office 2019の商用価格を10%引き上げると発表しました。これは、完全なシュリンクラップコピーのコストが約225ドルであることを意味します。 Office 365 Personalの1年間、1台のコンピューターのサブスクリプションは70ドルです。





駐車中のカーファインダーiPhoneアプリ

オフラインバージョンのOfficeが3年ごとに更新されると仮定すると、Office 365のサブスクリプションは実際には安くなり、長期的に総所有コストが削減されます。さらに、365では、毎回すべてのOfficeアプリケーションの最新バージョンを常に取得できます。




MicrosoftのOffice 2019 FAQによると、Office 2019にはないOffice 365の機能は次のとおりです。

創造性を解き放つ

  • Wordのエディター
  • Word、PowerPoint、およびOutlookをタップします
  • PowerPointのデザイナー
  • 研究者の言葉
  • Excelのアイデア
  • Excelのデータ型

チームワークのために構築

  • Word、Excel、PowerPointでのリアルタイムコラボレーション
  • Word、Excel、PowerPointの@メンション

簡素化のために統合

  • 共有コンピューターのライセンス
  • 含まれる言語パック
  • FastTrackオプション
  • Intune統合

インテリジェントなセキュリティ

  • Word、Excel、PowerPoint、およびOneDrive for BusinessのATP
  • Office 365メッセージ暗号化
  • オフィスエンタープライズ保護
  • Word、Excel、PowerPoint、およびOutlookで機密ラベルを追加する

とにかく、Office 2019の新機能は何ですか?

Office 2019でオフラインにすることを考えている場合は、Office 2019とOffice 2016のすべての改善点をご覧ください。





グーグルアースデンマーク

  • 黒のテーマ
  • 学習ツール(キャプションと音声解説)
  • 音声機能(テキスト読み上げ)
  • インク機能の改善
  • アクセシビリティの改善

エクセル




  • ファンネルチャート、2Dマップ、タイムライン
  • 新しいExcel関数とコネクタ
  • ExcelをPowerBIに公開する機能
  • PowerPivotの機能強化
  • PowerQueryの機能強化

PowerPoint

  • プレゼンテーション内のスライドを注文するためのズーム機能
  • モーフ遷移機能
  • アイコン、SVG、および3Dモデルを挿入および管理する機能
  • ローミングペンケースの改良

見通し

  • 更新された連絡先カード
  • Office 365グループ
  • @メンション
  • 集中受信トレイ
  • 旅行と配達の概要カード