テレビで画面が焼き付きましたか?チェック方法と3つのヒントで修正する

OLEDスクリーンは、競合するディスプレイよりも暗い黒とより鮮やかな色のため、ハイテク業界で最も人気のあるディスプレイの一部です。さらに、実行に必要な電力が少なくなります。


Android携帯をカスタマイズする方法

ただし、OLEDスクリーンは、長時間放置すると「焼き付き」が生じます。そのため、サムスンは顧客に画面の焼き付きを見つける方法を教えるビデオチュートリアルを作成しました。




サムスンは、顧客が老朽化したテレビを節約するのを本当に助けようとしているのでしょうか、それとも、新しいスクリーンをさらに販売するのが策略ですか?焼き付きを見つける方法と、Samsungが新しいテレビを売りたくないという理由があります。



餌:サムスンは、悪いディスプレイを見つける方法を示します

サムスンは、OLEDディスプレイで画面の焼き付きを見つけるための最良の方法を教えるビデオを顧客向けに公開しました。市場で最高のテレビに組み込まれているにもかかわらず、OLEDディスプレイは時々焼き付きを起こすことが知られています。

地球上の他のどの会社よりもこれらの画面を多く作っているサムスンは、彼らの役に立つビデオで注目を集めているのはそのためです。まあ、それと最後に目のロールに値する驚き。

画面の焼き付きを見つける方法に関するビデオガイドを次に示します。みんなが何を話しているのかを見るために最後まで見てください。

スイッチ:新しいテレビを購入する時が来ました!

上記のビデオは便利で正確ですが、サムスンのQLED TVの新しいラインをソリューションとして恥知らずに宣伝しています。

世界最大のスクリーンメーカーの1つとして、Samsungの言葉にはさらなる重みがあります—しかし、問題は会社があなたに信じさせるほど広くはありません。

OLEDディスプレイは時々焼き付きに悩まされます。Samsungのチュートリアルでは、問題が発生したときに問題を見つける方法をユーザーに正しく示しています。しかし真実は、ほとんどの現代のテレビには、画面の焼き付きが最初に起こるのを防ぐのに役立ついくつかの組み込み機能があります。

ピクセルシフト、スクリーンセーバー、自動シャットオフなどのオプションはすべて、焼き付きを防ぎ、ほとんどのSamsung OLEDディスプレイに標準装備されています。ほとんどの場合、人々が焼き付きと考えることは実際には問題ではありません。画面上の永続的なゴーストイメージは「イメージの保持」と呼ばれ、ほとんどの場合、設定を調整することで修正できます。

上のビデオに示されているように正当にバーンインしている場合、QLEDの代替品を購入することは必ずしも悪い考えではありません。しかし、サムスンの問題に対する「今すぐ購入」するソリューションは、すべてのテレビに最適なソリューションではありません。特に問題を修正できる場合はそうです。

焼き付きや残像はありますか?どうすれば修正できますか?

上記のビデオチュートリアルが示すように、画面に色あせたスポットが表示される場合は、おそらく焼き付きがあります。これはハードウェアレベルの問題です。つまり、問題の修復または交換のみが可能です。テレビは今のところまだ動作しますが、変色は時間の経過とともに残るか悪化する可能性があります。

ディスプレイ上にあるものの「ゴーストイメージ」が色あせている場合、または見慣れない形や色の輪郭が本来あるべきではない場合、イメージの保持が発生している可能性があります。この問題は焼き付きよりもはるかに一般的です—それを防ぐ多くの機能は、画像の保持が必ずしも停止するわけではありません。

ありがたいことに、通常は設定を操作して問題を強制的に排除できます。

1.リフレッシュまたはリセット

最初に行うことは、テレビの設定を確認し、「更新」機能が利用可能かどうかを確認することです。これにより、モニターのすべてのOLEDライトが強制的にリセットされ、永続的な画像が消去される可能性があります。

2.ピクセルシフトを確認する

テレビで「ピクセルシフト」を有効にすると、多くの場合、画像の保持を防止または改善できます。これにより、ディスプレイ上の画像が微妙に絶えず移動するので、画面が1か所で長時間点灯しなくなります。さらに、あなたの目がそれに気付かずにすべてが起こります。

3.設定で遊ぶ

画像が消えるまで画面の明るさとコントラストを調整します。カラフルなビデオを再生したり、ディスプレイを数回再起動したりすることもできます。

画面のライトを自動的にリフレッシュさせるものはすべて、画像の保持をクリアする可能性があります—電気店への高価な旅行からあなたを救うことができます。私たちがあなたに言ったことをSamsungに知らせないでください。