Googleの新しいアプリにより、デバイスをハンズフリーで制御できます

技術は常に進化しています。より速く、より強力で、より大きな容量とより高い品質は、私たちの技術で期待されるアップグレードのほんの一部です。

追加された利便性は、私たちが常に探しているものです。この素晴らしい例は、音声で制御できるAlexaやSiriなどの仮想アシスタントです。

仮想アシスタントが私たちが自分でやらなければならなかった家の周りの退屈なタスクを行うことほど良いものはありません。アレクサ、寝室のランプをつけて、バム、つけて。 Googleは、デバイスをハンズフリーで制御できる新しい方法を考案しました。




私の携帯電話用の無料アプリ

Androidファンはこれを気に入るはずです!

Googleは、しばらくの間、人々が自分の声でAndroidガジェットを制御する方法に取り組んでいます。アプリは2年間ベータテスト中ですが、現在は世界中でリリースされています。








attとnsa

「音声アクセス」と呼ばれ、音声コマンドでデバイスを制御できます。現在のところ、このアプリでは3つのカテゴリで音声コマンドを使用できます。




1つ目は、基本的な操作と任意の画面からのナビゲーションです。たとえば、前のページに戻るために戻るように指示したり、ホーム画面に戻るために家に帰ったりすることができます。


アマゾンのデフォルトリストを変更する方法

次に、現在の画面上の要素とやり取りするためのジェスチャーカテゴリがあります。 [次へ]をクリックする、上にスクロールするなどの操作を行います。




最後に、テキストの編集と口述があります。 「こんにちは」と入力したり、「牛乳をクリームに置き換え」と言って、手ではなく声で書きます。超カッコイイ。

アプリを有効にすると、画面上のすべての操作の横に数字が表示されます。アイテムの番号を言うだけでコマンドを発行できます。

音声でデバイスの設定を調整することもできます。 「BluetoothまたはWi-Fiをオンまたはオフにする」と言うだけで、完了です。その他の便利なコマンドを使用すると、電話の音量を調整したり、アプリを開いたり閉じたりできます。現在、 Google Playストア あなたがそれをチェックアウトしたい場合。