Bluetoothの欠陥により、ハッカーはデバイスを追跡できます

何百万人ものアメリカ人が、スマートフォン、ラップトップ、ウェアラブルデバイスでBluetooth機能を1日に数回使用しています。多くの人は一日中Bluetoothを使用しています。


セキュリティポリシーのため、スクリーンショットを撮ることができません

これはあまり考慮していませんが、一部のデバイスでは、Bluetooth機能によってハッカーがあなたを追跡できるようにする方法に欠陥があることが新たな調査で判明しています。これにより、Bluetoothが大きく開かれたドアになり、ハッカーが機密性の高い個人データを取得できます。




Bluetoothの欠陥とは何か、またデバイスがハッキングの危険にさらされる方法については、こちらをお読みください。また、ガジェットを保護するためにできることに関するヒントも提供します。



Bluetoothへのハッキング

Bluetoothの追跡とハッキングを防ぐことを目的とする技術こそ、デバイスを脆弱にする可能性のある技術です。追跡を避けるため、Bluetoothは識別トークンを継続的に変更し、ランダムなMACアドレスを使用しています。

ボストン大学の研究者は、識別トークンとランダムなMACアドレスの変更が同時に同期しないことを発見しました。同期間の遅延の間、ハッカーは変更されていない識別トークンを使用して、新しい着信アドレスを取得できます。

その時点で、ハッカーはデバイスを追跡できるだけでなく、デバイスのIDやユーザーアクティビティに関する情報も取得できます。この欠陥は、最新のBluetooth 5標準で発見され、macOS、Windows、およびiOSデバイスに影響を与えます。

この欠陥が修正されない場合、ハッカーは最終的に購入取引、顔認識、その他の機密情報をデバイスの追跡データと組み合わせて、ユーザーのプロファイルを作成できます。

この欠陥を修正する唯一の方法は、IDトークンとMACアドレスの変更が同期されるようにすることです。ただし、AppleやMicrosoftがこの問題について迅速に対応することを期待しないでください。

研究者は、2018年11月に2社に調査結果を発表しました。どちらの会社も、AppleのiOS 11がWi-FiおよびBluetooth機能に重大なセキュリティ問題を抱えていたため、問題を解決するための対策を講じていません。


設定でのiPhoneの追跡

関連:ハッキング可能な車はありますか?身を守る方法は次のとおりです




Bluetoothハッカーの停止

Bluetoothの欠陥は、Windows 10、iOS、およびmacOSデバイスにあります。これらのデバイスには、iPhone、iPad、Apple Watchモデル、MacBook、Microsoftタブレットおよびラップトップが含まれます。 WindowsやApple製品とは異なり、AndroidはBluetoothモードの間はデバイスをアクティブかつ継続的に追跡しないため、この欠陥の影響を受けません。

AppleとMicrosoftがこの欠陥に対して対策を講じていないからといって、自分を守ることができないわけではありません。 iOSおよびmacOSデバイスの場合、Bluetoothのオンとオフを切り替えるだけです。これは、ハッカーがラッチしようとしている通信チェーンを破壊します。これは、欠陥が永久に修正されるまでの一時的な修正であり、うまくいけば、それほど遠くないことを願っています。

Windows 10を使用しているMicrosoftデバイスにとっては、それほど簡単ではありません。設定パネルに移動してBluetoothをオンまたはオフにすると、通信チェーンが一時停止するだけなので、機能しません。

チェーンを解除するには、Windowsデバイスマネージャーを使用してBluetooth機能を完全に無効にしてから、再度有効にする必要があります。

Bluetoothを使用するデバイスは、2019年から2022年の間に42億から52億に成長すると予測されています。


心拍数アプリを確認してください

おそらく彼らは、ハッカーが欠陥を悪用するのに十分なほど賢くなく、ギャンブルをしているのかもしれません。それは、私たちが喜んで受け入れるギャンブルではありません。