Appleのうわさ:3台の背面iPhoneカメラ、USB-C、安価なiPad

2019年以降にAppleは何を用意していますか?現在のiPhoneの売り上げが落ち込んでいるのに、会社はその傾向に対抗するのに十分なことをしているのでしょうか?

スマートフォンテクノロジーは近年横ばいになっており、より高速なプロセッサやより大きなストレージ容量などの段階的なアップグレードは、もはやそれを削減していません。 Appleが今後のiPhoneでより魅力的なアップグレード(およびより良い価格)を実装することを願っています。

このConsumer Tech Updateのエピソードで、Appleの価格戦略について詳しく聞いてください。



しかし、これまでのところ何を知っていますか?さて、次のiPhoneに対するAppleの計画についての信頼できる報告はすでに公開されています。これまでに明らかにされたものから判断すると、Appleはまだその主力デバイスを再励起するために行くには長い道のりがあります。

3つの背面カメラ

新しい ブルームバーグスクラッチt、信頼できるアップルのアナリスト、マーク・ガーマンは、2019年のiPhoneのうち最大のもの(マックスモデル?)には3つのリアカメラが搭載されることを明らかにしました。この3番目のカメラは、iPhoneがより広い視野とより広い範囲のズームをキャプチャするのに役立ちます。

3番目のカメラはより多くのピクセルをキャプチャできるため、ソフトウェアが自動的にショットを修復し、元のショットから誤って切り取られた可能性のある被写体を復元することさえできます。

iOS Live Photosには、ショットごとに前後のビデオを固定する機能などの機能強化も含まれます。さらに、今後のバージョンでは、ビデオの長さが現在の3秒から6秒に倍増します。

背面3Dカメラ

しかし、Bloombergのレポートで最も明らかになったのは、2020年のiPhoneで背面向きの長距離3Dカメラを発売するというAppleの計画です。このカメラシステムは、周囲をスキャンし、拡張現実を介して、現実世界の3次元再構成を作成するように設計されています。


アレクサは911にダイヤルできます

現在のiPhoneの「正面向き3D Face ID」カメラとは異なり、新しいシステムでは、ドット投影技術の代わりにレーザースキャナーが使用されると報告されています。これにより、より長い距離にわたって3Dオブジェクトが機能し、感知できるようになり、拡張現実機能と将来のiPhoneの奥行き認識が強化されます。



そして、このアップグレードされたカメラを手に入れるAppleの機器は2020年のiPhoneだけではありません。 Gurman氏によると、レーザー駆動の3Dリアカメラは、実際には2020 iPad Proでデビューする可能性があるという。

USB-C

また、GurmanはAppleがLightningコネクタからUSB-Cに移行する計画を確認しました。

以前に報告したように、同社は2018 iPad Proで行ったことと同様に、将来のiPhoneをUSB-Cに切り替える準備をすでにしている可能性があります。

ただし、Gurmanはこの切り替えの期間を指定しませんでしたが、以前のレポートでは、2019年のiPhoneにUSB-Cが登場する可能性は非常に低いことが示唆されました。代わりに2020年のiPhoneでデビューすることを期待してください。

iOS 13

待望のダークモードなど、今年後半にiOS 13向けの新機能も提供されます。これにより、バッテリー寿命と夜間の視聴が向上します。

iOS 13は、新しいホーム画面、ファイル管理の改善、単一のアプリの複数のバージョンをスクロールする機能など、iPad専用の新しい機能も提供します。

Appleはまた、雑誌購読サービスと噂のビデオストリーミングプラットフォームを含む2つの新しいサービスをiOS 12に導入しています。

新しいiPad

今年の新しいiPhoneモデルとは別に、Appleは、より高速なプロセッサと安価な価格のアップデートされたiPad Miniを備えた別の低価格10インチiPadもリリースすると噂されています。

iPad Miniは2015年以降更新されていないため、より新しく、より手頃なバージョンが、AppleがAmazonのFireタブレット製品を中心としたローエンド市場で競争するのを確実に支援します。

さらに良いことに、これらの新しいiPadがドロップするのを待つ必要はないかもしれません。彼らは、通常3月に予定されているAppleの次のイベント中に、今年の春頃に発表されるかもしれません。乞うご期待!